top of page
検索

実は大切な窓のお話し

こんにちは、水野工務店です。

今回は、意外と見落としがちな窓についてお話ししていきたいと思います。


住宅の中で、窓は開口部と言われ、外気の出入りがしやすい箇所です。

新築当時の窓は、隙間や歪みなどもなく、しっかりと閉まりますが

経年につれ、さまざまな理由から閉まりにくくなったり

網戸の隙間が開いてしまったりと不具合が出てきます。


窓に不具合が起きると、外気の出入りも激しくなり

室温調整がうまくいかず、エアコンをフル稼働させなくてはいけない状況や

結露を起こしやすい環境になってしまいます。



住宅の断熱をしっかり行っていても、

この開口部の断熱がしっかり行えていないと

せっかくの断熱も意味をなさなくなってしまいます。


昨今のように異常気象が増えてきたことで、

今までの仕様では対処しきれないケースも多いです。

特に、高齢者が暮らす住宅では、住宅も同じように築年数が経っているにも関わらず

エアコンを使用しなかったり、外気を取り込むようにしている方も少なくありません。


今までの環境であれば、それで過ごせたかもしれませんが

猛暑が続くようになっては、熱中症の危険性もあります。


そうならないためにも、今から窓の機能性を見直し、

対策をすることがおすすめです。

既存の窓に、新たに窓を追加して二重にすることも可能ですし、

窓だけを新しく取り替えることも可能です。



窓は夏場だけでなく、冬場でも同じように大切な箇所になります。

冬の室内の温かさを逃さないようにする際にも窓を高断熱にして

一年を快適に過ごせるようにしてはいかがでしょうか。


まずは、現状を確認するためにも

お気軽に水野工務店へご相談ください。

確認後、必要に応じて、最適な窓リフォームをご提案いたします。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新築、リフォーム・リノベーション、何でもお気軽にご相談ください。

これからも水野工務店はお客様に寄り添いながら、

「扉一枚のリフォームからノックしてください」をキャッチコピーに

快適な暮らしを提供できるよう精進してまいります。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております。


住宅のことなら

いわきの水野工務店まで

✆0246-36-6063

施工事例

Комментарии


MIZUNO BUILDER

bottom of page